ヴィリー・アンデション「アストリッド・グラス」の世界展 9/12~11/15

posted in: お知らせ, 展示会 | 0

作業監督は、猫!?
ノルウェーの自由すぎるガラス工房、
「アストリッド・グラス」の世界をご案内します。

ガラス工芸作家ヴィリー・アンデション氏がブロアーを務める「アストリッド・グラス」の作品をご紹介します。

「ガラスの王国」と呼ばれるスウェーデン・スモーランド出身のヴィリー・アンデション氏は、14歳でガラス職人となってから現在までガラス工芸家として、またデザイナーとして、ヨーロッパのみならず様々な大陸で活動を続けてきました。現在はノルウェーに工房を構え、夫人のアストリッドさんとともに、美しい自然と動物たちに囲まれて制作活動を行っています。

1988年にはスウェーデン交流センターガラス工房のインストラクターとして来日し、スウェーデンヒルズに滞在してガラス工芸技術の指導にもあたりました。動物たちへの愛と豊かな創造性から生まれる、ユーモラスなガラス作品たちをご紹介します。ぜひご来館ください。

 

ヴィリー・アンデション「アストリッド・グラス」の世界展
2020年9月12日(土)~11月15日(日)まで開催
スウェーデン交流センター センターホール
(10:00~16:30/入館無料/火曜休館)

Willy Andersson Exhibition Sep12-Nov15,2020

 

◆新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来館の際は「マスク着用」「手指消毒液の使用」にご協力をお願いいたします。