連続ワークショップ 「スウェーデンの”分けない”教育 Vol.1 〜not Divide but Share〜」のお知らせ

東京で開催予定のワークショップのお知らせです。

 

スウェーデンの教育について考えるワークショップが、5月19日(土)より開催されます。

第一回は当センターの評議員を務めてくださっております、東海大学名誉教授の川崎一彦先生もゲストで参加されます。

東京近郊にお住まいの方やスウェーデンの教育についてご興味がおありの方など、ぜひご参加ください!

 

第一回は5月19日  13:30より東京のコクヨ株式会社 品川スタジオにて行われます。

 

 

参加申し込みは下記リンクよりお願いいたします。

 

https://peatix.com/event/367362/

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

少子高齢化や不況を乗り越え、急成長を遂げる北欧の高福祉国家・スウェーデン。彼らはなぜワークライフバランスを保ちながら経済成長、多文化共生、持続可能性を同時に実現できるのでしょうか?

今年3月に上梓された、『みんなの教育-スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』(ミツイパブリッシング)では、「起業家精神教育」「アウトドア教育」「インクルーシブ教育」「主権者教育」「リカレント教育」の5つの観点から、スウェーデンの教育を掘り下げています。

各テーマに共通するキーワードが、「みんなの教育」=「分けない教育」。学校と実社会、戸外と室内を分けない、社会経済的な背景・性別・人種・宗教などで子どもたちを分けない、ライフステージによって分けない・・・。
各章の執筆を担当された方と共に書籍の内容を深めながら、日本の教育システムを新たな角度から見直し、日本のさらなる発展を導くヒントを探ってみませんか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【連続ワークショップ開催予定】

第1回:5/19(土)  川崎一彦氏 (第1章:起業家精神教育) →今回の募集

第2回:6/16(土)  アールベリエル松井久子氏 (第3章:インクルーシブ教育)

第3回:9/30(日)  鈴木賢志氏 (第4章:主権者・民主主義教育)

第4回:11/3(土)  澤野由紀子氏 (第5章:リカレント教育・生涯学習)

第5回:11/17(土)  西浦和樹氏 (第2章:アウトドア教育)

第6回:12月     共創型ワークショップ

※第1回〜第5回は主に書籍の内容を深めること、第6回は今後のアクションを考えることを主眼に置いています。

※上記内容や日程は、予告なく変更となる場合がございます。

※第2回以降の開催については、決定次第、Facebook(https://www.facebook.com/lillaturen)またはPeatix上でご案内します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

第1回:就学前からの「起業家精神教育」(今回の募集)

かつての工業社会から知業社会へとシフトしている今日の社会構造。そこで必要とされるのは、必ずしも正解があるとは限らない中で問題や課題を自分で見つけてくるスキルです。

そんな「知業時代に対応する教育システム」としてスウェーデンが力を入れているのが、就学前学校での起業家精神育成です。実際にスウェーデンでは、イケアやH&Mなどの製造小売業、IT通信のSkype、音楽ストリーミングのSpotifyといった起業家型企業が世界的な活躍をみせています。

一方で、就学前の「起業家精神教育」は、実際に起業をすることを指しているわけではありません。「起業家精神とは、アイデアを行動に翻訳する個人の資質」と表したのはフィンランドの教育庁ですが、共通する考え方がスウェーデンでも見られます。

自分で考え判断する態度を育み、学ぶ動機を維持し、かつ自分たちの行動が実社会に影響を与えることができると感じられる様々な体験を通じて、子どもたちが将来成長してアイデアを思いついたときに、それを臆せず実行に移すことができるような姿勢を、小さいうちから養っておく。まさに、学校と実社会を分けない教育です。

今回は、第1章「スウェーデンの起業家精神教育」を執筆された川崎一彦氏をお招きし、就学前の起業家精神教育についてスウェーデンおよび日本での実践事例を掘り下げて紹介いただきます。日本の教育現場でも活かせるヒントを、共に考えていきましょう。

【こんな方におすすめです】

・北欧の教育方法・システムに興味・関心のある方(教育関係者・保護者・学生など)
・子ども(幼稚園や保育園等の未就学児を含む)の教育・支援を行う立場にある先生方

【会費】3,000円

【定員】60名

※チケット購入後のキャンセルは承っておりませんので、ご注意くださいませ。なお、他の方へお譲りいただくことは可能です。

※学生の方々を対象に、当日や事前の運営を少しお手伝いいただく代わりに参加費を無料とさせていただくボランティア枠を数枠設けております。詳細はお問い合わせください。

【注意事項】

当日は会場入り口に13:15(遅刻厳禁)でお願い致します。
会場の都合上、この時間を逃すと中に入ることができませんので、ご注意ください。

主催:北欧の教育・学びLilla Turen

企画:新谷舞子, Universal Research Laboratory, Nordic Inspirations

後援:ミツイパブリッシング

協力:スウェーデン社会研究所, スウェーデン交流センター

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【イベントスケジュール】

第一部:イントロダクション
スウェーデン社会と教育をとりまく基礎情報の紹介(経済成長率、起業活動の浸透ほか)

第二部:話題提供(東海大学名誉教授 川崎一彦氏)
スウェーデンの就学前教育の事例と日本における実践事例

第三部:「一つの問い」を軸にしたミニワーク・質疑応答

*内容は、予告なく変更になる可能性があります。
*途中、スウェーデンの家庭や職場で大事にされているコーヒーブレイク「Fika(フィーカ)」の時間をはさむ予定です。
*事前に書籍をお読みいただいてからご参加いただくと、より深まる内容となっております。

▼『みんなの教育-スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』購入はこちらから
ミツイパブリッシング リンク(https://mitsui-publishing.com/product/minna

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【登壇者プロフィール】

川崎一彦 氏

東海大学名誉教授。ストックホルム在住。日本貿易振興会(ジェトロ)ストックホルム事務所勤務、北海道東海大学教授、東海大学教授を経歴。主な関心分野は内的起業家精神教育、北欧と日本の企業経営の比較、地域活性化など。

主な著訳書に『フィンランドを知るための44章』(明石書店)、『出る杭をのばせ!-明日を変える創造性教育-』(発明協会)、『フィンランドに学ぶ教育と学力』(明石書店)、『スウェーデンの経済』(早稲田大学出版部)(含共著、他多数)などがある。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【主催】

北欧の教育・学びLilla Turen (リラ・トゥーレン)

「創造性」「起業家精神」「民主主義」といったキーワードを軸に、北欧の教育・学びにまつわる情報をWEB・ワークショップを通してゆるやかに発信中。

http://lillaturen.com/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です